岡山産業保健総合支援センター お問い合わせ 地図 トップページ
研修会産業保健相談メンタルヘルス対策支援地域産業保健センター

岡山産業保健総合支援センターとは

図書機器の貸出
メールマガジンの配信
パンフレットの配布
講師の斡旋
リンク集


◆本サイトの利用にはAdobe Readerが必要です

トップページ>産業保健についての助成金

産業保健についての助成金

職場の健康づくりを応援します!
~平成29年度 産業保健関係助成金のご案内~

労働者数50人未満の
事業場が対象
助成金パンフレット
助成金パンフレット
労働者数の
制限なし
 小規模事業場産業医活動助成金  職場環境改善計画助成金
ストレスチェック助成金  こころの健康づくり計画助成金 

助成金についてのお問い合わせは、
岡山産業保健総合支援センターへ(086-212-1222

※これらの助成金は、厚生労働省の産業保健活動総合支援事業の一環として行われています。
※助成金の申請書は「労働者健康安全機構」のサイトで入手できます。

障害者雇用安定助成金(障害・治療と仕事の両立支援制度助成コース)」はこちら

小規模事業場産業医活動助成金(対象:労働者数50名未満の事業場)

産業医と「職場巡視」、「健康診断異常所見者に関する意見聴取」、「保健指導」等、産業医活動の全部または一部を実施する契約をした場合に実費を支給します。(6カ月当たり10万円を上限×2回限り一事業場につき将来にわたって2回の支給に限ります

助成金を申請する  ★助成金についてのお問合せ、ご相談は当センターへ



ストレスチェック助成金(対象:労働者数50名未満の事業場)

産業医と契約し、ストレスチェック等を実施した場合に次の費用を助成します。

 1.ストレスチェックの実施に対する助成(従業員1人につき500円を上限として、その実費額を支給)

 2.ストレスチェック実施後、医師による面接指導・意見陳述に対する助成(医師による活動1回につき21,500円を上限として、その実費額を支給、一事業場につき年3回が限度

※年度中に実施した分は、翌年度6月30日まで申請可能です。
ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえ、「職場環境改善」に取り組む事業場は、「職場環境改善計画助成金」を受ける事ができます。こちらもご検討下さい。

「面接指導を同一人物に複数回実施した場合、その都度助成金の対象になりますか?」
「労働者数50名には、日雇労働者、パートタイマー、派遣労働者等も含めるのでしょうか?」
「ストレスチェックのみ実施することで助成金の申請は可能ですか?」
・・・等、ストレスチェック助成金のQ&Aはこちら

助成金を申請する  ★助成金についてのお問合せ、ご相談は当センターへ



職場環境改善計画助成金(対象:全ての事業場)

ストレスチェック実施後の集団分析を踏まえ、「職場改善計画」を行った場合に費用を助成します。

【Aコース】
専門家(産業医等の医師、保健師、看護師、精神保健福祉士、産業カウンセラー、臨床心理士等の心理職、労働衛生コンサルタント、社会保険労務士)の指導に基づき、職場環境改善計画を作成・実施した場合に、指導費用及び機器・設備購入費の実費を支給します。(10万円を上限、うち機器・設備購入費は5万円を上限かつ単価5万円以内のもので将来にわたり1回限り

助成金を申請する  ★助成金についてのお問合せ、ご相談は当センターへ

----------------------------------------------------------------------------------------------   

【Bコース】
メンタルヘルス対策促進員(岡山産業保健総合支援センターが派遣します)の助言・支援(訪問3回まで)を受け、職場環境改善計画を作成・実施した場合に、機器・設備購入費の実費を支給します。(5万円を上限かつ単価5万円以内のもの将来にわたり1回限り

助成金を申請する  ★助成金についてのお問合せ、ご相談は当センターへ



こころの健康づくり計画助成金(対象:全ての事業場)※企業単位

メンタルヘルス対策促進員(岡山産業保健総合支援センターが派遣します)の助言・支援(訪問3回まで)を受け、こころの健康づくり計画(ストレスチェック実施計画を含む)を作成し、計画に基づいてメンタルヘルス対策を実施した場合、一律10万円支給します。(一企業につき将来にわたって1回の支給に限ります

★パンフレットはこちら

助成金を申請する  ★助成金についてのお問合せ、ご相談は当センターへ






↑ページトップへ戻る






























(C)2009 岡山産業保健総合支援センター